FC2ブログ
おいで頂き、ありがとうございます。現在暫定公開中!

映画「凍蝶圖鑑(いてちょうずかん)」名古屋上映について
いつも当ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

当ブログでお世話になっている
「ai kotoni 」
さんのご縁で、新宿武蔵野館さんで上映された
映画「凍蝶圖鑑
の初日上映に伺ってから、早くも2か月余が経過しました。

明日(2015年3月28日)から4月3日(金)まで、愛知県の
「名古屋シネマテーク」
さんで上映されます。

残念ながらR-18指定されているため、未成年の方はご覧になれませんが、
「へぇ!こういうジャンルも有るんだ!」
とか。
「このフェチが好きな人って、自分だけじゃなかったんだ!」
等々…。

色々な意味で、自分に自信が持てる(かも知れない)作品でした。
しかも、性的マイノリティ-を真正面から取り上げたドキュメンタリー作品なので、過剰な演出は一切ありません!

一部、残酷描写やグロい場面もありますが、目を背けないでご覧頂ければと思っています。
名古屋の初日3月28日は田中幸夫監督舞台挨拶がありますよ!!

(また、同日大阪・神戸で田中幸夫監督の新作2本が公開されます。
「徘徊 ママリン87歳の夏]
公式サイト hai-kai.com
「カメの翼」 )

それでは、以下告知です。

・『凍蝶圖鑑』(名古屋上映について)

 上映作品…『凍蝶圖鑑
(2014年 75分)
         監督・撮影・編集・製作 田中幸夫
助監督 北川のん
企画協力 山田哲夫
撮影協力 籔田政和
音響効果 吉田一郎、石川泰三
写真 谷敦志
題字・デザイン 東學
配給協力 細谷隆広、大黒堂ミロ
出演  大黒堂ミロ、 東學、 あずみ、 谷敦志、 シモーヌ深雪、
林良文、 ジョゼフ・カリファ、 Diedrich、 彫修羅、 倉田めば、
underline、 ai kotoni、 小林万里子、 vivienne、 MIDORI、 BONZIN、
gonchang & akikobaby  ai kotoni 他
 
映画「凍蝶圖鑑」オフィシャルサイト
         ttp://itecho.jp/ 
         
 上映館:名古屋シネマテーク
       千種区今池1-6-13今池スタービル2F(052-733-3959)
      ttp://cineaste.jp/
 
 アクセス:最寄り駅…名古屋市営地下鉄東山駅
       ※名古屋市営地下鉄東山線(10番出口→今池ガスビル)
             同      桜通線(9番出口→UFJ銀行すぐ南)

 上映期間:2015年3月28日(土)~4月3日(金)
 上映開始時刻…20:40(本編75分)
 料金…当日券のみ
     一 般 1500円
    大学生 1400円
    中高予 1200円
     シニア 1100円
     会 員 1200円
学生・シニア会員 1000円  

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


映画「凍蝶圖鑑(いてちょうずかん)」第2週(1月17日~23日)上映スケジュールについて
2015年1月10日(土)より始まった映画「凍蝶圖鑑」の東京上映についてですが、ご覧になった方の評判が良く、自分も安心しました。

この作品内で、WET&MESSYのアーティストとして、
「club wam!」
管理人のコトニアイさんがご出演されていますが、先日の初日舞台挨拶の回を拝見させて頂いた際に、初めて素顔を拝見しました。
「いやー、べっぴんさんやなー!」
という感じでありました。
(昨年5月の「デザインフェスタ」の時に、全身タイツ着用前に凄い綺麗な方をお見かけしたのですが、そのご本人様でした!!)

それはさておき…。
初日の際に、場内に20代前半の女の子が多かったので、そういう皆さんが
「こんな性癖を持っているのは私だけじゃなかったんだ!」
と思える機会を作って下さる作品だと思っています。
(ノンケの方には、ちょっとグロいと思われる場面もあるので、その点はご了承のほどを。)

第1週目(1月10日~16日)分の上映開始時刻は既に発表されていますが、第2週(1月17日~23日)の上映スケジュールが発表になりました。
なお、23日で終映と先日の初日舞台挨拶の記事ではご紹介させて頂きましたが、上映館の
「新宿武蔵野館」
さんのHP内では、
「23日終映<予定>」 
となっていました。

従って、上映期間が延長される可能性もあります。
レイトショー1回のみの上映ですが、お時間が合う方は是非新宿武蔵野館さんまで足をお運び頂ければと思っています。

それでは、以下(勝手に)告知です。

 ・『凍蝶圖鑑
 (上映作品公式HP)
 ttp://itecho.jp/

 <上映スケジュール>
 2015年1月10日(土)~23日(金)まで公開<予定>

 <上映館>
 新宿武蔵野館
 
 〒160-0022
 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3階 TEL:03-3354-5670
 ttp://shinjuku.musashino-k.jp/time.php
       
 <アクセス>
 ・JR新宿駅中央東口 より徒歩2分
 ・東京メトロ 新宿三丁目駅A5出口 より徒歩3分
       
 <1月10日(土)~16日(金)までの上映スケジュール>
 21:15~(終映時刻…22:30)
 ※新宿武蔵野館1(133席)にて上映されます。

 <1月17日(土)~23日(金)までの上映スケジュール>
 21:20~(終映時刻…22:35)
 ※新宿武蔵野館3(84席)にて上映されます。 
 ※1月17日(土)は、新宿武蔵野館1(133席)にて上映されます。
 
 ※上映時間は1時間15分です。
 ※成人指定作品のため、18歳未満の未成年の方の観賞は出来ません。
 ※予告の上映は行われず、本編より上映されます。
 ※上映時間・上映館が急遽変更になる場合があります。
 ※場内は全席自由席です。
 ※新宿武蔵野館のご入場には〔整理券〕が必要となります。•ご鑑賞当日の開場時間より、当日すべての回の整理券を3F受付にて発行いたします。
 
以上の情報は予告なく変更される場合があります。
必ず、上映館の以下のHPをご覧の上お出かけください。
(生じたあらゆる損害については、管理人は責任を負いません。悪しからず。)

・『新宿武蔵野館』(トップページ)
ttp://shinjuku.musashino-k.jp/time.php

 予告編映像はこちらです↓

映画『凍蝶圖鑑』初日舞台挨拶('15,01,10)に参戦してきました。
「自覚のある変態と、無自覚の変態は違う!自覚のある変態になれ!」
これは、フェチ系ジャンルに興味がない方とお話するときに、自分がお話させて頂く事です。

上手く言えないんですが、
【自覚のある変態は、
『どうすれば周りに迷惑をかけずに気持ち良くなれるかを知っているので、自分自身を抑える事が出来る。そのため、まずは犯罪行為に走らない。』
反面、無自覚の変態は、
『自分自身を抑えるすべを知らないので、他人を傷つけ、自分自身も気持ち良くなれない。』】
と言うような事が言いたいんですけどね…。

なので、自分は自覚ある変態を目指しています。
その方向性は正しいと認識させてくれたのが、この『凍蝶圖鑑』と言う作品ですね。

昨日(2015年1月10日)から、新宿武蔵野館さんにて公開された
映画『凍蝶圖鑑
の初日初日舞台挨拶を観に行って来ました。

その模様と作品の感想です。
DSCF8635.jpg

昨日は所用をこなしてから劇場まで駆けつけたので、劇場にたどり着いたのが21:10頃になってしまいました。
既に大勢の方が整理番号順(新宿武蔵野館さんは、整理券の番号順の入場で、席に鞄を置いて売店やトイレに行った後の再入場時も、係の方への整理券の提示が必要)

客席は既に埋まっており、座る事が出来ませんでした。
そのため、最後部での立ち見となりました。

お客さんの大半が20代前半の方で、特に若い女の子の姿が目立ったのが意外な気がしました。

舞台挨拶が始まりました。
DSCF8631.jpg

上の写真のスクリーン右側から順に、
田中幸夫監督
ai kotoni(ウェット&メッシーパフォーマー)
underline(ゴム空間アーティスト)
大黒堂ミロ(漫画家)

そして、司会の方(スイマセン。お名前が分かりません。判明したら、後刻追記させて頂きます。)

作品を通じての感想ですが、
「関西と関東の性に対するアプローチや、それを受け入れる土壌は違うな!」
と言う事につきます。

自分は生まれも育ちも現住所も関東の人間です。
そのために、性的な事はあまりオープンに出来ない雰囲気は有ります。
しかし、関西の方は(自分の経験的なものですが)比較的オープンな気がします。

だからこそ、この作品に登場された皆さんは、目線処理も無しに、ありのままの姿をカメラの前でさらけ出して下さったのだと思います。

これについて、田中幸夫監督が
「僕は関西に住んでいたので、部落問題や、在日朝鮮人問題などが身近だった。そういうドキュメンタリーを撮っている中で、セクシャルマイノリティーにたどり着くのは必然の流れでした。」
と言う事を仰っていました。

これについては、続いてマイクを握られたai kotoniさんも、同じようにセクシャルマイノリティーと言う部分について触れられていました。

自分の場合は、東京12チャンネル(現テレビ東京)で毎週金曜日の21時から放送されていた
「金曜スペシャル」
と言う番組内で取り上げられていた泥レスを小学生の頃に見てから、WET&MESSY好きになりました。

当方のブログでもお世話になっている、日本初のWET&MESSYビデオシリーズの
「MESSY ART JAPANシリーズ」
の槇村瞭監督が日本にWET&MESSYを紹介して下さるまで、本当に肩身の狭い思いでした。

ただ、自分の場合はコミケが有りましたので、少なくともココ20年ほどは幸せな時間を過ごす事が出来ています。
過日のコスホリックでも、同人作品でペイント作品を販売されているサークルさんが有りました。

自分もそうなんですが、
「こうした世界が有って、そう言うのが好きな人はあなただけじゃないんだよ!」
と言う事を伝えるきっかけを、映画と言う
「大勢の方が一同に会されて、同じ時間を共有出来る媒体」
で広めて下さった功績は、大きいものがあります。

特に、
凍蝶圖鑑
と言う作品には、様々な性的嗜好の方がご出演されているので、
「あ、これ自分だ!」
とか。
「あ、これがやりたかったんだ!」
と言うような事を見つけやすいかも知れません。

ちなみに、aiさんは、画廊での個展でのインタビューなどの場面で登場されますが、この個にいらっしゃった方がインタビューに答えられた内容が、WET&MESSYの本質を突くのでは?とも思ったりしました。
(かなり内容が硬い作品なんですが、この場面だけ場内で笑い声が起きてました。)

ただし、『凍蝶圖鑑』 には、グロテスクな表現が含まれています。
猟奇漫画の大家である氏賀Y太先生の作品のような場面も有ります。
これらは、実際の人間の肉体を使ってのものなので、人によっては精神的苦痛や強烈な不快感を催す恐れがあります。
テレビの場合は、当然モザイクがかかるでしょうが、『凍蝶圖鑑』 では行われていません。
苦手な方は、十分ご注意ください。

それ以外は、普通のドキュメンタリー映画として楽しめました。
レイトショー1回のみの上映ですが、お時間が合う方は是非どうぞ!

なお、自分の経験談です。
上映開始時刻付近の映画館受付(3階)までは、エレベーターをご利用ください。
終映後はエレベーターホールが混雑するので、右手にある小さな入り口をくぐり、階段から下の階に降りるのがベストです。
終電近くになりますので、くれぐれもご注意のほどを。

管理人注
この記事で使用させて頂いた写真についてですが、舞台挨拶中に撮影OKで、Twitterなどへの掲載もOKという案内がありました。そのため、当ブログでも使用させて頂いております。なお、当方のデジカメの性能と腕前の悪さで、お見苦しい画像となってしまった事をお詫び致します。

それでは、以下(勝手に)告知です。

 ・『凍蝶圖鑑
 (上映作品公式HP)
 ttp://itecho.jp/

 <上映スケジュール>
 2015年1月10日(土)~ 同年1月23日(金)まで

 <上映館>
 新宿武蔵野館
 
 〒160-0022
 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3階 TEL:03-3354-5670
 ttp://shinjuku.musashino-k.jp/time.php

 ※新宿武蔵野館1(133席)にて上映されます。
       
 <アクセス>
 ・JR新宿駅中央東口 より徒歩2分
 ・東京メトロ 新宿三丁目駅A5出口 より徒歩3分

 <チケット>
 (通常料金)
 一般…1,800円
 ※2015年1月10日(土)~12日(月・祝)は、株主優待券(証)・ご招待券はご利用できません。 予めご了承下さい。
       
 <1月10日(土)~16日(金)までの上映スケジュール>
 21:15~(終映時刻…22:30)
 
 ※上映時間は1時間15分です。
 ※成人指定作品のため、18歳未満の未成年の方の観賞は出来ません。
 ※予告の上映は行われず、本編より上映されます。
 ※上映時間・上映館が急遽変更になる場合があります。
 ※場内は全席自由席です。
 ※新宿武蔵野館のご入場には〔整理券〕が必要となります。•ご鑑賞当日の開場時間より、当日すべての回の整理券を3F受付にて発行いたします。
 ※場内でのカメラ(カメラ付き携帯含)、ビデオによる撮影・録音・録画は固くお断りします。

以上の情報は予告なく変更される場合があります。
必ず、上映館の以下のHPをご覧の上お出かけください。
(生じたあらゆる損害については、管理人は責任を負いません。悪しからず。)

・『新宿武蔵野館』(トップページ)
ttp://shinjuku.musashino-k.jp/time.php

映画「凍蝶圖鑑(いてちょうずかん)」上映開始時刻並びに、初日舞台挨拶について
既に当ブログでも何回かご紹介の記事をあげさせて頂いておりますが…。

2015年1月10日(土)より、
映画凍蝶圖鑑」の東京上映が始まります。

この作品内で、WET&MESSYのアーティストとして、
「club wam!」
管理人のコトニアイさんがご出演されています。

本日(1月6日)に上映開始時刻並びに、初日舞台挨拶について発表がありましたので、ご紹介させて頂きます。

初日舞台挨拶には、コトニアイさんも参加されるとの事でした。
(ただし、舞台挨拶のみの参加との事でした。)

WET&MESSYをはじめとするフェチ系ジャンルを愛する皆さん。
是非足を運んで頂ければと思います。

それでは、以下(勝手に)告知です。

 ・『凍蝶圖鑑
 (上映作品公式HP)
 ttp://itecho.jp/

 <上映スケジュール>
 2015年1月10日(土)公開
 同年1月下旬までの公開予定

 <上映館>
 新宿武蔵野館
 
 〒160-0022
 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3階 TEL:03-3354-5670
 ttp://shinjuku.musashino-k.jp/time.php

 ※新宿武蔵野館1(133席)にて上映されます。
       
 <アクセス>
 ・JR新宿駅中央東口 より徒歩2分
 ・東京メトロ 新宿三丁目駅A5出口 より徒歩3分
       
 <1月10日(土)~16日(金)までの上映スケジュール>
 21:15~(終映時刻…22:30)
 
 ※上映時間は1時間15分です。
 ※成人指定作品のため、18歳未満の未成年の方の観賞は出来ません。
 ※予告の上映は行われず、本編より上映されます。
 ※上映時間・上映館が急遽変更になる場合があります。
 ※場内は全席自由席です。
 ※新宿武蔵野館のご入場には〔整理券〕が必要となります。•ご鑑賞当日の開場時間より、当日すべての回の整理券を3F受付にて発行いたします。
 ※詳細は上映館のHPをご覧ください。
 
 ・『凍蝶圖鑑』初日舞台挨拶について

 <開催日時>
 2015年1月10日(土) 21:15の回上映開始前
 
 ※当日朝の開場時間9:15より入場券の販売・整理券の受付を開始いたします。
 ※入場は整理券番号順で21:05より行います。
 
 <登壇者>
 田中幸夫さん(映画凍蝶圖鑑』監督)
 大黒堂ミロさん(漫画家)
 underlineさん(ゴム空間アーティスト)
 ai kotoniさん(パフォーマー) 

 ※以上4名のゲストが登壇予定です。
 ※登壇者は予定につき、当日に予告なく急遽変更する場合がありますので、予めご了承下さい。

 <チケット>
 (通常料金)
 一般…1,800円

 ※18歳未満の方のご入場は出来ません。
 ※全席自由席。
 ※お手持ちの前売鑑賞券でもご覧いただけます。
 ※お得な前売観賞券(1,300円)は、劇場窓口のみの販売となります。
 ※初日・特別興行につき、株主優待券(証)・ご招待券はご利用できません。
 ※場内でのカメラ(カメラ付き携帯含)、ビデオによる撮影・録音・録画は固くお断りします。


以上の情報は予告なく変更される場合があります。
必ず、上映館の以下のHPをご覧の上お出かけください。
(生じたあらゆる損害については、管理人は責任を負いません。悪しからず。)

・『新宿武蔵野館』(トップページ)
ttp://shinjuku.musashino-k.jp/time.php

 予告編映像はこちらです↓

映画『凍蝶圖鑑』東京上映(2015年1月10日 新宿武蔵野館レイトショー上映)と、公開イベントなどについて
いつも当ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

当ブログでお世話になっている、
「MESSYをARTにまで昇華させた女性」
と自分が(勝手に)称している、
「clubwam!」
ttp://nomessynolife.blog104.fc2.com/blog-entry-272.html

管理人の「コトニアイ」さんが出演されている映画凍蝶圖鑑(いてちょうずかん)」に関してのご報告です。

既にお話させて頂いていますが、「凍蝶圖鑑」は様々なジャンルのアーティストさんを取り上げた、田中幸夫監督のドキュメンタリー映画です。
映倫審査により、R-18指定を受けたため、残念ながら未成年の方はご覧になれません。

この作品は、2015年1月10日(土)から、東京都新宿区の新宿武蔵野館でレイトショー上映されます。
公開が近づいてきて、様々な動きが出てまいりましたので、2014年12月26日00:00現在で自分が把握している情報について、皆様にご紹介させて頂こうと思います。

 <関連番組>
・『ニュー・シネマ・トレーラーズ』
 BSスカパー
 2014年12月26日(金)AM11:00~
 同   12月27日(土)AM09:00~

 ※監督インタビューも交えた映画紹介が放送されます。

<イベント>
・『凍蝶圖鑑』東京上映記念展 『bang or crunch』

 期間:2014年12月26日(金)~2015年1月9日(金)
     (12月28日は営業。2015年1月1日〜3日まで年始休業)

 時間:月〜水 19時〜27時
     金〜土 19時〜29時
    ※12/28. 12/30. 1/4は 18時〜23時となります。
    ※12/31は 19時〜30時となります。
 
 会場:Night Gallery Cafe CROW
     東京都港区六本木7-8-5 ロック&ロックビル 2階
     ttp://cafecrow.net/

 出展者:小妻要
      S.オニクボ
      _underline
      ai kotoni
      ほか
 
 ※コトニアイさんは、映画で取り上げられた作品を中心に、「Messy」をテーマにしたもののみを出展されるとの事です。
 ※2014年12月30日(火)・2015年1月3日(土)は、志摩紫光さんを迎えてのトークイベントが行われます。
   詳細はコチラをご覧ください。
   ttp://cafecrow.net/
 

映画凍蝶圖鑑』東京上映について>
映画凍蝶圖鑑
 
 上映作品公式HPアドレス
 ttp://itecho.jp/story.php
 
 公開日:2015年1月10日(土)~

 上映館:新宿武蔵野館
      〒160-0022 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3階    
      ttp://shinjuku.musashino-k.jp/

 アクセス:JR 新宿駅 中央東口 より徒歩2分
       東京メトロ 新宿三丁目駅 A5出口 より徒歩3分

※レイトショー上映となります。
※23時以降に終映時刻となる作品の18歳未満の方の観賞は、都条例により出来ません。
※R-18指定作品につき、未成年の方の観賞は出来ません。
※当館のご入場には〔整理券〕が必要となります。
※ご鑑賞当日の開場時間より、当日すべての回の整理券を3F受付にて発行いたし ます。
※料金や上映スケジュール等の詳細は、上記アドレスをご覧ください。
※記事執筆時点では上映開始時刻は未発表です。シネコンだと、上映週の水曜日(または木曜日以降)の午前10時以降に、土曜日から1週間分の上映スケジュールが発表になる事が多くなっています。そのため、正式な上映スケジューは、2015年1月7日(水)前後の発表になると思われますので、予めご了承下さい。

※新宿武蔵野館の劇場窓口では、数量限定の特典付(オリジナルポストカード)の前売券が好評発売中です。
  値段は一般(1,300円)となります。特典は劇場窓口のみとなっています。予めご了承下さい。



Copyright © 汚れし乙女は美しい・新館. all rights reserved.